スッキリ吐息って副作用とか大丈夫…?

頭を抱える口臭で悩む女性

 

スッキリ吐息は口臭を予防する成分や歯の黄ばみを落としてくれる成分が特徴ですが、逆にその成分を摂取する事でなんらかの副作用は無いのかと不安になる方もいらっしゃると思います。

 

歯科衛生士イラスト

 

しかしスッキリ吐息は医薬品ではなく食品なので、基本的には副作用の心配はありません!


 

ところが食品だからといって安心してしまい、間違った食べ方をしてしまったり、アレルギーがある方は配合成分を見落としていたりすると副作用が無いとも言い切れません…
正しい食べ方をして、しっかり効果を実感するためにも、知っておいたほうが良いことがありますので色々と調べてみました。

 

このページでは、スッキリ吐息の副作用や様々な注意点についてご紹介いたします。

 

スッキリ吐息の成分を詳しく知りたい!

 

まずはスッキリ吐息の成分が、本当に良いことばかりなのかって気になります。
逆に、各成分のデメリットを調べてみたんです。

 

スッキリ吐息の成分

 

1 コーラルアパタイト

 

沖縄の化石サンゴ

沖縄の化石サンゴを原料としたコーラルアパタイトは、国産のカルシウムがギッシリ詰まった天然由来の成分です。
歯の黄ばみや汚れに蓄積したニオイを除去したり、唾液の減少を抑えて口臭をしっかり予防してくれる効果を期待できます。
特に摂取する事でもデメリットはありません。

 

2 キシリトール

 

白樺ととうもろこし

白樺ととうもろこし

天然由来の白樺やとうもろこしが原料の、キシリトールを配合しています。
キシリトールはガムなどでもおなじみですが、酸の中和を促進してむし歯になりにくくなる効果を期待できます。
ただし過剰摂取することで、お腹がゆるくなることもあります。

 

スッキリ吐息の原材料名
サンゴ由来ハイドロキシアパタイト、難消化性デキストリン、ソルビトール、重炭酸ナトリウム、DL-リンゴ酸、結晶セルロース、甘味料(キシリトール・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料、ステアリン酸カルシウム、リン酸三カルシウム、カルボキシメチルセルロースカルシウム、微粒二酸化ケイ素、L-酒石酸、安定剤(キサンタンガム)、ビタミンD

 

デメリットといえば、キシリトールの過剰摂取によってお腹がゆるくなってしまうことがある点でしょうか。
しかし、食品によるアレルギーをお持ちの方は原材料名を確認した上での摂取をおすすめします♪

 

スッキリ吐息で注意する点

 

チェックポイント

 

スッキリ吐息を食べることで、注意しなくてはならない点がありました。

 

注意する点
・過剰摂取
・食べてみて体質に合わない場合

 

医師、薬剤師に相談してからの摂取
・食品アレルギーをお持ちの方
・妊娠中・授乳中の方

 

口臭を予防したいからといって、過剰に摂取しても逆効果になってしまう場合もあります。
スッキリ吐息は、1回あたり1粒が目安になっています。

 

正しい摂取が大切

 

極端な話1回1粒を1日30回するのは問題ないですが、1回10粒を1日3回などは過剰摂取になってしまいます。
1回あたりの粒数を増やしても、口臭予防が強力になるわけではありませんので正しい摂取を心がけてください。


 

アレルギーをお持ちの方や妊娠中・授乳中の方は、必ず医師に相談してからにしましょう。
妊娠中や授乳中の時期は、カラダの変化が激しい時期になりますので口に入れる物に関しては注意が必要です。

 

スッキリ吐息の成分は、口臭予防やむし歯予防などに魅力的な成分です。
注意する点を守ってしっかり継続すれば、口臭の悩みも解消できるかもしれません!

 

最安値でスッキリ吐息を購入する

 

>>実際試して実感?スッキリ吐息の口コミ体験談本音レポート!トップページへ